カテキョの選び方って、どうされてますか?

私は大学4年間、アルバイトは家庭教師1本。(バイトしかしてなかったかも?)
といっても2社(某超大手とノーバス)渡ってきました。
最初登録した某超大手派遣センターは、どんなにがんばってもお給料が上がらず、結果を出して当たり前、結果が出なければ白い目で見られ、プレッシャーに比べると、正直このバイト料では割が合わないなって感じでした。

と、グチはこのくらいにして・・・
派遣センターを選ぶ保護者のみなさんも大変だけれど、これからアルバイトをしようと思っている人も大変なハズ。
元家庭教師の私が、これから派遣センターを探す保護者の方やアルバイトを探す方にカテキョ業界の裏事情をお伝えしようと思い、このサイトを開設しました。

家庭教師選びのポイント(保護者向け)

元ノーバスのわたしのはなし。

私大の法学部を在学中にノーバスを経て卒業後、現在は私立高校に勤めています。教壇には立たず、事務職として主に通信課程の生徒さんのお世話をしています。しかし「教える喜び」を味わえる点は教職と共通していると思いますし、やりがいを感じています。

上でも書いたとおり、大学4年間はカテキョのアルバイトに明け暮れる日々を送っていました。

最初は登録したのはCMもバンバン打ってる超大手。知名度もあるところでしたので何かと安心でしたし、私と同じ大学のクラスメイトもたくさん登録していたこともあって、すんなりとそこに決めました。

最初は張り切って生徒さんの指導にあたっていたのですが、どんなに頑張って指導にあたってもアルバイト料は上がらず…。(あ、またグチ)

ただ単に生徒さんに勉強を教えればいいというのではなく、保護者の方の対応もしなければならず、けっこう愚痴とか聞かされてしまい、精神的にかなりくたびれてしまいました。正直あの頃は教えることが嫌になってしまったくらいです。精も根も尽き果てて、結局辞めることにしたのでした。

で、たまたま友人がノーバスに登録していて、なんだか楽しそうに見えたので、私もノーバスに登録してみることに。それが私とノーバスの劇的?な出会いといえば出会いでした。

ノーバスが求める講師の質を考えると、私たちは「アルバイト」という立場に甘えられず、真剣勝負で指導にあたらなくてはいけませんでした。正直ノーバスのやり方はハードでしたが、やりがいがありました。

ノーバスには、学習プランナーと呼ばれる頼もしい社員の方がいて、その学習プランナーが一切を仕切ってくれ、生徒と保護者と私たち講師の間に入ってしっかりサポートしてくれました。

元ノーバス家庭教師としての私の経験が、家庭教師をお探しの保護者の方、業界の事情を知りたいと思われている皆さんのお役に立てればと思います。

業界大手の派遣センター裏事情
元ノーバスの家庭教師を経験した私が、採用基準や保護者の方から受けた相談など、カテキョ派遣センターの裏事情を紹介します。
ノーバスの裏事情
元現場経験者(つまりノーバスの元カテキョ)である私が、ノーバスの裏事情についてが様々な角度からお伝えします。
家庭教師選びのポイント
元ノーバスの家庭教師だった私が語る!家庭教師(と、派遣センター)選びのポイントについてご紹介しています。このポイントさえ抑えていれば、まず問題ないと思ってもらって大丈夫です。
家庭教師経験者の私が思うこと
ノーバスの元カテキョである私の、受験よもやま話をご紹介しています。大学卒業後に就職した現在の職場で学んだことなどもまとめました。